再生不良性貧血.com再生不良性貧血.com

NOVARTISNOVARTIS

再生不良性貧血の特徴

再生不良性貧血には、次のような特徴があります。

  • 赤血球、白血球、血小板がいずれも減少する病気で、国の定める「指定難病」の1つです。
  • わが国の罹患数は、年間約1,000人、罹患率は8.2(/100万人年)とされています。
    ※公益財団法人難病医学研究財団/難病情報センター、臨床調査個人票 (2004〜2012年の調査)より
  • 多くの場合、免疫が異常になることで生じます。
  • 病気の重症度や進行の速さ、治療法などは患者さんによって異なります。
  • 経過中まれに、「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせい
    しょうこうぐん)」や「急性骨髄性白血病」に移行してしまうこともあります。

どんな病気?

監修:金沢大学附属病院 輸血部 山﨑 宏人 先生

監修:金沢大学附属病院 輸血部
山﨑 宏人 先生